秋田県内のお勧めホテル特集

ビューホテルグループの歴史

ホテルの歴史として

秋田ビューホテルは東京は台東区に本社を構えている『日本ビューホテル株式会社』の系列店になっている。そこまではいいとしてだ、実はホテルそのものの歴史は今から60年以上前まで遡っていける。その頃は丁度日本もようやく世界大戦後の混乱によって生じた、GHQの支配がようやく終わってから1年後に経営が始まった。とはいえまだまだ復興までに時間を要するほど混迷な時代であったため、会社こそ設立していたがホテルとしての観光業を営み始めたのは会社が出来てからおよそ7年後となっている。そのため、実質的な経営方針などが見定められてからとするなら、ホテルとしての歴史は50年程度となっている。老舗というのはまだまだ日が浅く、それ以前から営業している旅館などが多数存在していたであろう秋田県内で考えれば子供みたいなものかもしれません。

そんなビューホテルですが、一般的な見方でいうなら『シティホテル』といった区分として見られていますが、概要的にはビジネスホテルとは一線を画したものとなっている。秋田ビューホテルの質などを見てもらえれば分かると思いますが、ホテルのサービスなどはビジネスホテルのそれとは異なっている事おが多く見られる。近年営業しているビジネスホテルの中にはシティホテル並みのサービスを行うなど、熾烈なホテル業争いが繰り広げられているもののビューホテルがビジネスホテルとは言わないでしょう。

そうした点も込みで、秋田ビューホテルの歴史を読み解いてみよう。

お泊り必須アイテム

栃木を原点として

ビューホテルの歴史は、関東は栃木県を拠点として当初動き出している。栃木でも観光名所といえば何と言っても那須高原ですが、その那須から最初のホテルとなる『那須ビューホテル』が昭和35年7月に開業して、本格的にホテル業界に名乗りを上げた。時期的なもので考えれば経済復興が行われている最中の頃、『岩戸景気』だった頃にオープンとあって事業を軌道に乗せるには十分だったきっかけがあった。

満を持して開業したビューホテルはその後、続々とホテルを開業していく事になる。主なホテル開業記録としては、次の通りだ。

  • 伊良湖ビューホテル:昭和43年5月 開業
  • 成田ビューホテル:昭和49年6月 開業
  • 郡山ビューホテル:昭和53年5月 開業
  • 高崎ビューホテル:昭和58年4月 開業

先に取り上げた秋田ビューホテルは高崎ビューホテルの翌年に開業し、その後も全国各地に直営店を始め、多くの系列店をオープンさせていった。

ホテルの質としては

そんなビューホテルについて辛口を交えつつ話をしていくと、ホテルとしては悪くないものと言っていいでしょう。口コミで聞かれる意見の中で、歴史に見合った建物の外観は少々古い印象を持ってしまう人もいるようですが、提供されている部屋に関しては周辺近隣にあるビジネスホテルと比べる程のものはないという声も多数上がっている。そこはやはり通常のビジネスホテルと比べれば、ベッドの質や室内の広さなど、設備投資に掛けるものの質の高さは違うと言える。

とはいえ、ここ最近のホテル業界も少しずつではありますが高級感というものを意識したものが多く登場してきている。ビューホテルグループのように一般的なクオリティが高い定番中の定番的なホテルとしての立ち位置が、近年台頭してきているビジネスホテルとさほど変わりない室で提供し始めているという、業界全体に変革が持たされています。何せビジネスホテルと銘打っておきながら部屋の設備が高いところも出てくるなど、ホテルも段々と模様替えの進行が早くなっていると印象づける。

秋田の魅力
先生は毎回自由に選べるの?もちろんなのですが、予約で埋まってしまうこともあります。 毎回同じ先生を指名することも、違う先生を指名することも可能です。英会話スクールならイングリッシュ・ビレッジ

高くて良いから、安くて良いへ

かつてはホテルといえば『高い室料にクオリティの良いサービス』というブランドで売りだされていましたが、数年単位で見る流れでは『安い室料であって、ソレ以上に充実したサービスが提供されているかどうか』、という方向にシフトしていると言っても良い。秋田ビューホテルにしても、通常のシングルルームでは『11,000円』で提供されているところを、ホテルが掲げているプランによっては一室何と『6,000円台』で宿泊できるようなものが登場しているのだ。

観光でなくても、これなら出張などで訪れたビジネスマンにすれば嬉しい事この上ない話でしょう。こうした料金の背景には今までのビジネスホテルがこの値段ながらシティホテル並みのサービスを提供する、そういった高級志向のビジネスホテルが業界を騒がせる存在になっている証拠でもある。そういう意味では死活問題にも関わっていると言える。