秋田県内のお勧めホテル特集

中通温泉 こまちの湯 ドーミーイン秋田

ホテルなのに温泉が楽しめる

次に紹介する秋田市内の宿泊施設ですが、秋田といえば温泉もやはり定番となっている。それを言うなら何処の地方でも温泉があるからと言われてしまったら元も子もありませんが、ここで紹介するのは旅館ではなくホテルだ。ホテルで温泉が楽しめる宿泊施設も少なからず増えてはきている、源泉などの関係もあるでしょうがここで紹介する温泉が楽しめるホテルは秋田駅から徒歩5分の所に位置している『中通温泉 こまちの湯 ドーミーイン秋田』と、破格な立地条件となっている。秋田ビューホテルより若干離れたところに位置していますが、駅からほど近いところで天然温泉がまさに都市部で堪能できるというのは、大きなプラス要因と言えるでしょう。

そんなドーミーイン秋田の魅力を紹介していこう。

お泊り必須アイテム
取引の仕方によっては非常に高いリスクを負うため、FX 用語実際の取引にあたっては外国為替相場に関する十分な知識や経験を要する。

一人旅、出張などのビジネスマンには特にオススメ

こちらのホテル、客室は297室とかなりの規模となっていますが、客室のほぼ8割近い部屋は全てシングルタイプとなっている。駅前に位置しているので、一人旅、もしくは出張で秋田を訪れているビジネスマンには何とも嬉しいホテルといえるはずだ。通常の旅館に泊まるほどのことではないが、こうしたホテルなら1人で宿泊しても気にすることなく、この上温泉が楽しめるシティホテルとなったら全国探してもそう数は多くはない。そういった点でもドーミーイン秋田の存在は市内でもポイントとして高い。無論ファミリー向けとしてツインの客室もありますが、数は少ないため時期によっては早めに満室になってしまうため早期の予約が不可欠だ。

そしてこちらのホテル、一番の楽しみと言っても過言ではない温泉ですが最上階に位置している。これがもし道路に面した階層にあったら倫理的・社会的問題が勃発して、たちまち経営的な問題が顕になりかねません。そういった意味でよほどのことがない限りはそういうアレな被害が発生することはないため、女性でも安心して温泉を楽しめる仕様となっている。またこちらのホテルでは大浴場もそうですが、何と同フロアには露天風呂まで用意されているので、都市部でここまでの施設を用意しているところもないはずだ。とはいえ、若干気になる部分もあるものの、きちんと目張りとなるものは設置されているので、覗きなどを心配する必要はありません。

開業してからさほど経っていない

ドーミーイン秋田は開業してからまだ9年ほどしか経っていない、近隣のホテルと比べればまだ十分に新しいと言える部類に位置している。宿泊施設は外観や内装で決まるものではありませんが、人間やはりそこはかとなく綺麗な方が良いという心理は働くものだ。これまで色々な宿泊施設に泊まってきた事を考えると、そこまで古くはないのにあまり綺麗ではないところもあれば、かなりの年月が経過しているのにそれを感じさせない旅館、といった具合にホテルならではの差が生じるところだ。

さすがに開業してから10年そこらで廃れるような旅館というのもあれだが、そうした意味でまだ綺麗さが残る宿泊施設に泊まりたいという人には最適だ。

こんなサービスが

そんなドーミーイン秋田ならではの独特のサービスが展開されています。それは『夜鳴きそば』という、夜21時から90分限定の無料提供が行われている。この時間は小腹が空いてどうしても口さみしくなる瞬間、家にいても旅先にいてもお腹が空く時はどうしたって空いてしまいます。そういった時にまるでセイレーンが船を誘惑するように、食欲そそる香りで宿泊している人たちの胃袋を優しくホットに満たしてくれる、そんなサービスが行われている。

色々な意味で時間的な制約を自分に課している人は無理して注文することはありませんが、旅先でなら少しくらい羽目を外してもいいという人は絶対に利用しておきたいところだ。

秋田の魅力

料金的な面でも

シングルタイプが主流となっているドーミーイン秋田、ビジネスホテル系かと思っている人もいるでしょうが区分的にはシティホテルと言ってもいい。料金がそれこそ一番安いもので『6,290円』と、ここまで安く出来るのかと思ってしまいますが、この値段で温泉を始めとした施設が利用できるなら安いものだ。

ホテルの部屋は広くなくてはダメだ、人に自分の裸を見られたくないといったことがなければ市内でもこれほど得だと感じられる宿泊施設もないので、検討する価値は十分にある。